喜国雅彦の漫画単行本
[表紙絵をクリックすると大きな画像が見られます]
傷だらけの天使たち
小学館 全3巻 88年12月〜91年11月刊
[装幀]祖父江慎[解説]正編 しりあがり壽/続編 山上たつひこ/完結編 しゅりんぷ小林[文庫版解説]正編 山口雅也/続編 秋里和国/完結編 みうらじゅん
喜国の初めての連載作品にして代表作です。「ヤングサンデー」誌の創刊号より101 回にわたって掲載されました。「愛」や「すけべ」や「純情」や「しょーもない」や「哀しみ」や「下品」や「文学」や「分泌物」や「貧乏」や「青春」や「お笑い」や「日本」が4コマの中に詰まってます。97年に「文庫版」が発売に。更に「海外版」も発売。アニメと実写がコラボレートしたビデオ化もされました。
mahjongまんが王
竹書房 89年3月刊
[装幀]祖父江慎+田中登百代[廉価版解説]古屋兎丸
「別冊近代麻雀」誌に連載されたギャグ作品です。掲載誌の都合上、 表面的には「麻雀物」の体裁をとっていますが、内容は「誰もが昔、一 冊は持っていたであろう有名マンガ」のパロディ集です。装幀やおまけにも遊びまくった、にぎやかな本です。97年に「廉価版」も発売されました。
mahjongまんが大王
竹書房 91年1月刊
[装幀]祖父江慎+コズフィッシュ[廉価版解説]綾辻行人
『まんが王』の続編で、『まんが王』より新しめの「有名マンガ」のパロディ集です。これを描いていた頃は出版社のパーティ等で元ネタ作家の方を見 かけると逃げ回っていましたが(笑)、その御本人達から「おもしろかったですよ」と言われたときは救われた気がしました。98年に「廉価版」も発売されました。
よりぬきキクニさん
小学館 92年2月刊
[装幀]海野一雄+BAY BRIDGE STUDIO
上記2作品連載中の5年間を中心に描かれた「それ以外」の作品を集めました。『傷だらけの天使たち』連載のきっかけになった『大人はわかってくれない』や「少年サンデー」での連載等珍しい作品がてんこ盛り。「よりぬき」というタイトルですが、正しくは「ほとんど」です(笑)。絶版ではありませんが新刊書店で探すのは無理でしょう。
三丁目防衛軍
小学館 全3巻 92年10月〜94年2月刊
初の「キャラクター物」連載です。主人公達は八百屋さんにして地球防衛軍。 敵は痴漢から核ミサイルまで。小学生で止まったままの(喜国の)SFセンスが 爆発。描いてて一番楽しかった作品。「ドラマCD」も出ました。「ヤングサンデー」誌連載。『よりぬきキクニさん』同様、古本屋さんで探して下さい。
いつも心に太陽を
竹書房 全2巻 93年6月〜96年6月刊
[激浪篇装幀]祖父江慎[時空篇装幀]祖父江慎+佐々木暁(コズフィッシュ)[時空篇おまけマンガ]国樹由香
「シンバット」「ヤングクラブ」「まんがくらぶ」と掲載誌を3度変え 6年間に渡って連載されたショートストーリー。テーマは「愛」。正しいのやら間違ってるの、感動するのから眉をひそめるものまで、様々な形の愛の 劇場見本市。『激浪篇』と『時空篇』の2冊あります。TVアニメ化もされました。
天国の悪戯
扶桑社 95年4月刊
[装幀]祖父江慎[文庫版解説]Puffy 吉村由美 
92年の8月から95年の2月まで夕刊フジに連載された4コマを集めた物です。最初は一週間分まとめて渡していましたが、途中から2日分、1日分と細切れ渡しになっていき、最後には「スピリッツ」誌で『悪魔のうたたね』が始まったせいもあり、掲載そのものが週2日になってしまいました。旅行に行っても原稿がついてきました。当分新聞連載はやりたくないですね。00年に「文庫版」も発売されました。
月光の囁き
小学館 全6巻(文庫版全4巻、廉価版全3巻) 95年1月〜97年3月刊
[装幀]祖父江慎+コズフィッシュ[文庫版解説]1巻 大森望/2巻 桐野夏生/3巻 トーレン・スミス/4巻 塩田明彦
初めての(そして現在のところ唯一の)シリアスストーリー物です。高校生の頃から好きだった「谷崎潤一郎」みたいな世界観を目指しました。この作品には特別な想いがこもっています。作者にとって作品はどれも大事な物ですが、これはその「想い」ゆえ、特別に大切な作品になりました。その作品の完結編が作者にとって20巻目、そして漫画家生活10年目、という区切りにもなったのにも不思議な巡り合わせを感じます。99年に塩田明彦監督の手により実写映画化。同じく99年に「文庫版」、05年に「廉価版」も発売されました。
悪魔のうたたね
小学館 全2巻(廉価版全1巻) 96年6月〜97年9月刊
[装幀]佐々木暁(コズフィッシュ)
「ビッグコミックスピリッツ」誌に連載された4コマ漫画です。掲載時に普通の大きさだったコマを単行本化の時に構成して遊んだ『傷だらけの天使たち』の逆で、掲載時に遊んだコマを普通の構成に変える、というコンセプトで作られています。その大きな版型ゆえ、書店での置き場に苦労した本であります。『傷だらけの(天)使たち』→『(天)国の(悪)戯』→『(悪)魔のうたたね』と、実は3部作になっていたりします。03年に「廉価版」も発売されました。
日本一の男の魂
小学館 全19巻 98年3月〜07年5月
[装幀]祖父江慎+コズフィッシュ
「ヤングサンデー」誌で連載していた作品です。略して「男魂(だんこん)」と呼んで下さい。タイトルからもわかるとおり、様々な「日本一な男」がテーマですが、登場してるのは全然日本一じゃない野郎ばっかりです(笑)。エッチな話の回は人気があるようです。描いてる方もそっちが楽しいです。やっぱりそういうもんです。TVアニメ化もされました。
魔Qケン
小学館 全2巻 07年6月〜08年8月
[装幀]柳谷志有
解説コメント準備中
魔Qケン乙(おつ)
小学館 全3巻 08年9月〜10年8月
[装幀]柳谷志有
解説コメント準備中
色即ぜねれいしょん
秋田書店 全2巻 10年9月〜11年7月
[装幀]SACHIKO SUDA
解説コメント準備中

ワークストップへ   ワークス2へ